topics

  • 日常に写真を添える:広告カメラマンが撮った1枚をインテリアに

    クリエイティブ制作会社アマナから二人の人気カメラマンが登場。

    普段は広告撮影を主とするフォトグラファーが、amana online storeでは木製フォトパネルを展開。

    コンセプチュアルや風景の写真をインテリアとして日常の空間に取り入れる、そんな憧れのライフスタイルを始めてみませんか?

    日常に写真を添える:広告カメラマンが撮った1枚をインテリアに

    2020 . 7月 . 31に投稿

     amana photographers  今、注目される広告カメラマンの写真を、 空間を彩るフォトパネルとしてamana online storeで販売開始します。 ■鐙 俊輔 プロフィール Abumi Shunsuke 1977年 秋田県生まれ2005年 amana入社2017年 NAGAYA所属  鐙は広告の商品撮影のクオリティに感銘を受け、フォトグラファーを目指してamanaに入社。シズル撮影をメインに12年のキャリアを積む。プロダクトの魅力がしっかりと伝わる写真を追求しながら、日々活動中。   今までの広告制作の実績   飲料・化粧品・ジュエリーの広告撮影を中心に活動中。シズル(躍動感溢れる水表現や美味しそうなグラス表現)を得意としています。 液体が舞い散るネイルのビジュアルや大手ビール会社のシズル感溢れる商品や グラスカット等、多くの人が目にしているであろう広告を撮影している人気フォトグラファーです。   この投稿をInstagramで見る NAGAYA^_^(@nagayadayo)がシェアした投稿 - 2020年 7月月30日午前12時41分PDT   ■黒滝 千里 プロフィール Kurotaki Chisato 1991年 神奈川県生まれ1994年 クラシックバレエを始める2015年 amana入社2017年 NAGAYA所属...

    もっと見る