オーダーメイドでつくる! アートフォトを選ぶ3つのポイント【店舗編】

amana online store | オーダーメイド

 店舗の内装デザインは、来て下さるお客様をおもてなしする意味もありますし、商品やサービスに付加価値を与える重要なものですよね。

内装工事が手軽にできれば、お店のコンセプトが変わるたびに内装デザインを変えることもできますが、その費用は高額。

それでは手軽に店舗のイメージを良く変えるとしたら、例えば、観葉植物や花を飾る、照明を変える、流す音楽を変える、などがありますが、おすすめは維持費も少なく作業の手間も少ない、アートフォト・写真を飾ること!

 

観葉植物のようにお手入れの必要もなく、音楽のように会話を妨げず、サイズや選ぶ写真によってお店のコンセプトを伝えることができます。

また、壁を飾る事で来客者が来たことを他の誰かに伝えたくなるような、(いわゆる・・・)ばえるスポットを作ることができ、販促にも効果的です。

amana online storeでフォトパネルを探す>

 

それでは、どんなアートフォトを選び飾ればよいのでしょうか。
店舗の業種別に詳しくご紹介していきます。

 

ー店舗にあったアートフォトを選び飾る3つのポイントー

1.レストラン、カフェ、バーなど飲食店向けのアートフォトの選び方飾り方
2.美容院、エステなどサロン向けのアートフォトの選び方飾り方
3.歯科クリニック、美容皮膚科など医療系向けのアートフォトの選び方飾り方

オーダーメイドでアートフォト、アートパネルをつくる>


 

1.レストラン、カフェ、バーなど飲食店向けのアートフォトの選び方飾り方

 amana online store | オーダーメイド

飲食店に限らず言える事ですが、印象を押さえポイントは滞留時間の長い場所です。
飲食店の場合、心地よく食事を楽しんでもらうための「客席」、ほっと一息?な、「トイレ・パウダールーム」、ウェイティングスペースとも共用されやすい「受付・レジ周り」があげられます。


この3つの場所に、フォーカルポイントをつくりましょう!
フォーカルポイントとは、<人の視線を集める場所>のことです。
壁面を利用してフォーカルポイントを作れば、観葉植物などを置くことなく省スペースで広々とした印象を与える事が出来ますし、様々な内装用の小物を用意する事なく、1枚の写真で手軽にフォーカルポイントを作ることができます。

 

もし、小さなアートフォトを複数飾るのであれば、飾る場所を分散・範囲を曖昧にせず、一か所に集めるとフォーカルポイントが作りやすくなります。

 

選ぶ写真は、清潔感を感じられる自然をきりとったものや、瑞々しさを印象付けられるコンセプチュアルがおすすめです。

食事のジャンルに合わせた海外の風景もいいですね。より美味しく感じられるかもしれません。

 

amana online storeでは、食事カトラリーをモチーフにした写真もご用意していますし、1,500点以上の中から店舗のコンセプトにあった1枚を選べます。

複数の店舗で同じ内装イメージに統一する必要のあるチェーン系の店舗でも、オーダーメイドでならアートフォトの在庫の数を気にせず何枚でも制作可能。
お気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから >

 

 

2.美容院、エステなどサロン向けのアートフォトの選び方飾り方

amana online store | オーダーメイド

美容院やエステサロンに訪れる方が求める雰囲気は、癒しではないでしょうか。
お客様が施術中心穏やかに過ごせるように、さりげなさを重視した飾り方をしましょう。

セット面や椅子に座った際、視線のまっすぐ先ではなく少し視線から外れる位置にアートフォトを飾りましょう。鏡と鏡の間や、客席間の目印代わりに写真を飾ると、狭い空間でも疑似的なパーソナルスペースを感じる事ができたり、体の向きを変えるタイミングでふと目に留まりリラックスできたりもします。


選ぶ写真は、森や海岸の風景写真、眺めるとホッとできるようなイラストがおすすめです。
テーマを決めて写真を選べば、アートフォトを通じてお客様と会話がうまれるかもしれません。

 

ヒーリングミュージックやオルゴールをBGMにしているサロンであれば、店舗に飾っているアートフォトに合わせて、波の音や小鳥のさえずりなど音楽を選ぶとより癒しの相乗効果が高まりそうです。

 

 

3.歯科クリニック、美容皮膚科など医療系向けのアートフォトの選び方飾り方

 amana online store | オーダーメイド

クリニックでは、何よりも、清潔、明るい空間、緊張をほぐすことが基本。
光が入りにくいスペースや待合室などには、窓がわりにアートフォトを飾ったり、通路や診察室付近には初めて来院する人にもわかりやすい目印になるよう、わかりやすいモチーフの写真を飾ると良いでしょう。

清潔さをイメージさせるカラーは、なんといっても「白」だと思いますが、
白は建物自体に多様されているはずですので、白に次いで印象の良い、「青」や「緑」、
イラストであれば温かみを感じる事のできる「オレンジ」や「ピンク」系統の写真がおすすめです。

 

医療系の空間には清潔な印象を与える、アクリルパネルタイプがおすすめ。

アクリル素材は、引き込まれるような透明感で見る人の緊張感をほぐしてくれるはず。

また、小さなお子さんが来院するクリニックならイラスト作品にぴったりのキャンバス地もおすすめです。表面に凹凸があり、温かみをプラスしてくれます。

作品によって、制作するアートフォトの素材も変えましょう。

amana online storeのオーダーメイドサービスなら、木製パネル、キャンバス地、アクリルパネルなど様々な素材から選べます。

 

 

店舗といっても、業種や迎えるお客様によって様々ですが、共通点は、お客様志向でアートフォトを選び飾る事です。

長く開業していれば、来訪するお客様も変化がでてきたり、当初のターゲットからはずれてくることも考えられます。

壁の色を塗り替えたり、什器を入れ替える事は中々難しいですが、アートフォトならお客様に合わせて手軽に内装チェンジが叶います。

 

amana online storeのフォトパネルなら、設置も簡単。誰でもできます。

また、木製パネルなら、薄く軽いので小さなピンでも支えることができる為、壁へのダメージも少なく済みます。

ぜひ、オーダーメイドのアートフォトを飾り、お客様や患者様が再来訪したくなる内装づくりをご検討ください!

 

こんな店舗にはオーダーメイドのアートフォトを。

・店舗のイメージにあう写真を飾りたい
来客者の気持ちに寄りそう写真を飾りたい
・飾るスペースに最適なサイズの写真を飾りたい
・全ての店舗を同じ内装、空間イメージにしたい

 

▽オーダーメイドサービス 詳しくはこちら

ordermade

最近の投稿